Think threshold

中の人のIYHにいたる顛末と購入レビュー。ときどき自宅システム構築備忘録。

ガジェット

今更の購入。(MX Master3 俺的レビュー)

前回の最後に濁していましたが、、、 修理したはずのMX Masterが修理後1ヶ月程度で症状再発したため、ついカッとなってMX Master3を購入しました。

MX Masterの再修理。(ホイールのSmartShiftを修理する)

今度はラチェット自動切り替えが死んだ。。。 前回はサムボタンが死んだのでその無効化のために修理(というか不活化)をしましたが、今度はホイールです。

ahamoへポートイン・・自業自得で軽いトラブル。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。 沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を表す。 アニメ平家物語、かなり面白かったですね。 ・・・というのはさておき、18年間契約し続けていたauの3G携帯(ガラケー)をahamoへMNPしました。

車のPD充電環境もパワーアップ。(Spigen Power Arc ArcStation Car Charger 65W 俺的レビュー)

???「makoroくぅん、いったいいくつ充電器買えば気が済むの??」 私「わかりません!!!!11!」 ということでType-C機器がどんどん増えていっているのでまたまた充電器が増えました。(Type-C PD多ポート充電器のACとシガーチャージャーを購入) いつ…

無感情でポチってしまったが、順当進化といったところでしょうか。(Pixel 6 Pro俺的レビュー)

つ、次にセールが来たら買うと決めていたので。。。 ということで3月になって来たセールでPixel6 Proを購入してしまいました。

M5StickC de 遊ぶ。(M5StickC+Joystick HATでBTポインティングデバイス作成)

本来は冬場のチャリで利用するはずだったのですが。。。 M5Stackシリーズを使い、お勉強を兼ねた小物デバイスを作ろうと考え、Bluetoothで接続し、マウスがわりとなるポインティングデバイスを作成しました。

Bulldozer双発おじさん、禅のパワーを知る。その2:自作、ケースMOD化編 (メインマシンのRyzenへの更新)

出来上がってみれば満足でした。ミドルレンジでも10年前マシンよりは十分強い。

Bulldozer双発おじさん、禅のパワーを知る。その1:検討編 (メインマシンのRyzenへの更新)

判断をミスった。 そして限界を迎えたBulldozerおじさんの顛末記。

自宅のさらなるスマート化を推し進めるために。その2。(Home Assistant導入記)

さらに家電を操作する手段を増やします。 自宅の家電たちをコントロールする手段を増やすため、Home Assistantを導入しました。

技適厳格マン、技適に溺れる。(コムテック ZERO808LV技適違反対応)

ピピーッ! 技適警察だ!! はい、愛用しているコムテックのレーダー探知機が電波法違反となる電波を発射しているということで、対策のために修理対応を行いました。

配信はしませんがこれは便利なものだ。(Elgato StreamDeck俺的レビュー)

マクロキーとインフォディスプレイの一台二役。 前から気になっていた機材が、たまたま安くなったのでついうっかり購入してしまいました。今回は俺的レビューです。 Steam Deckじゃないよ!St"r"eam Deckだよ!

サイバーさんのお守りを更新。(ND-MA1付属のUIM-2有効期限切れに伴うSIM更新)

MAユニット!新しいSIMよ!! ということで購入から3年経過し、購入時に付いてきたSIMカードの通信期間が終了したので更新しました。

何故私は配信もしないのにHDMIキャプチャを買っているんだろう?(格安中華USB HDMIキャプチャ/AV Access 4KVC00俺的レビュー)

一回買ったら後には引けなくなった、と購入者は供述しており(以下略) 昨年末にごく一部の界隈で流行った格安HDMIキャプチャ。 激安だし買ってみるかーと購入したはいいが、予想通りスペック詐欺だったので別のものを購入しました。

ローエンド端末ってどれくらいの性能なんだろうか。(Moto e6s簡易俺的レビュー)

せっかくなのでもう1台貰っておきました。 回線戦略の結果、ローエンド端末を手に入れる機会があったので、どれだけのものかちょっくら試してみるかと使ってみた記事です。

思わぬところで拾った新端末。(Xiaomi Redmi Note 9s俺的簡易レビュー)

かいせ~ん せんりゃくぅぅぅぅ!! きっと回線数を減らせないmakoroに告げる、回線戦略、しましょうか。 ・・・もうピングドラムも古いですかね。

メインマシンのマイクを有線化。(マランツ MPM-1000+ベリンガー Xenyx 302USB購入記)

お前はどこに向かっているんだ(真顔 テレワークでWeb会議が多くなった結果、諸々の理由があり録音/再生デバイスを分離しました。 それらしいマイクを買うのが初めてのため、トンチンカンかもしれませんが俺的レビューです。

風呂スマホの延命。(Nexus6のAndroid10化とバッテリ交換)

皆さんも風呂にスマホ持って入りますよね? ・・・というのはさておき、メインから退役したスマホの玉突き先として 我が家ではベッドサイドと風呂向けで利用されています。 最近はYoutubeを流しながら風呂に入ることが多いので、それ用の端末です。

レーダーにもレーザーの検知能力を。(コムテック Zero 808Vレビュー)

安全運転のお守りです。 ということで、お守りを新たにしました。

MX Masterくん修理。(MX Master ジェスチャボタン不活化処理)

ついカッとなってやった。反省はしていない。 MX Master(初代)のサムボタンに悩まされてくることが多くなったので対策しました。

2020年買ったものは・・・?

2020年もそろそろ終わりますが、今年はテレワークを始めとした新しい生活の様式になった年でした。 なんだかんだ今年も色々買ったので、振り返りがてら簡単にまとめてみたいと思います。

一生モノなので実質ゼロ円みたいなものです。(TONE ソケットレンチセット/SK11 ディープソケットセット購入記)

理系のオタクなのでこういう工具のブランドに憧れがあるんだよな。 レガシィの修理/メンテナンス/改造をするためにソケットレンチを買いました。 ものすごく簡易ですが一応レビュー記事として乗っけておきます。

Moto Z2Pのバッテリ修理。

Moto Z2Playがおデブちゃんになってしまいました。 2017/10に購入し、そろそろ3年になろうかというMotorola Z2 Play。 バッテリ膨張が発生したので修理を行ったので、その簡単な記録です。

またBTイヤホンが増えました。(SONY WI-XB400俺的レビュー)

スタミナは重要。 音質重視でBluetoothイヤホンは以前から利用していますが、 テレワークが本格化するのに伴い、音声品質より稼働時間重視のモデルを買い増し。 簡単に俺的レビューです。

ノートPCにもデュアルディスプレイの選択肢を。(ASUS MB16ACR俺的レビュー)

やはり複数モニタは便利です。 自宅はメインマシンでモニタ3枚ですが、仕事ではノートPC。 モニタが1枚しかなく、やはり作業環境的には不便です。 今回は主にノートPCに接続して利用するモニタ、通称”モバイルモニタ”である、ASUSのMB16ACRを手に入れたので…

またスマートじゃないのにスマートなデバイスが。。。今度はディスプレイ付き。(Nest Hub俺的レビュー)

またスマートなんちゃらが増えました。 使うかわからないけど安いしとりあえずネタとして買ってみるか~? と画購入したGoogle Home Miniを意外と使っているため、 より利便性を高めるべく画面付きデバイスを購入しました。

スマートじゃない人がスマートなものを使ってみた。(Tile スマートタグ俺的レビュー)

体型も言動もスマートじゃない人がスマートデバイスなんてものを使ってみた。 前から少し気になっていたスマートキー、気にはなっていましたが購入するまではいかなかったのですが、とある理由により購入・半年近く使用したので俺的レビューです。

飛行機撮影のさらなる快適さを求めて、秘密兵器導入。(Anker SoundSyncレビュー)

飛行機撮影のときにはほぼ必ずと言っていいレベルで聞いているエアバンド。特にブルー撮影は演技区分、次の演目などを知るため、また演技自体を楽しむためにも個人的には必須装備なわけです。今回Xperia Ear Duoを手に入れたことを活かし、レシーバーからイ…

モバイルバッテリもType-Cへ。(Cheero Power Plus 5 Plemium 20000mAh レビュー)

どんどん脱Ankerが進みます。 Type-C関連のプロダクトがことごとく自分の要求にマッチしないAnkerから 他社のプロダクトへの乗り換えが進みます。 今回はモバイルバッテリーをリプレース。

最強充電器、だと思ったら。。。?(Freedy EA1707 Type-C マルチポートチャージャー レビュー)

USB多ポート充電器おじさん。 うん。物は悪くないんだ。そう、わるくはない。 Type-C PD2ポート、1ポート60W以上給電を目指してたどり着いたのがこれでした。 以下俺的レビューです。

動作確認が取れてないICカードリーダで特別定額給付金申請。(SONY RC-S370での申請やってみた)

公式的には確認なし。 メーカーは確認してないがおそらくできる表示。 ならやってみるしかないでしょう。人柱じゃーい。 ということで、SONY RC-S370を使って特別定額給付金を申請してみました。