読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think threshold

中の人のIYHにいたる顛末と購入レビュー。ときどき自宅システム構築備忘録。

ATH-IM50 これは非常にコスパいいんじゃなかろうか。(ATH-IM50レビュー)

ガジェット

ATH-IM50を買ったので、レビューというかインプレッションです。

 

もともと私の場合、普段使い用にはATH-CK100(生産完了)、SE535 SpecialEditionの

2つのイヤホンを気分によって使い分けています。

高音の解像度が欲しくて、BA(バランスド・アーマチュア)機を使用しています。

 

このイヤホンは、最近始めた航空機撮影のために航空無線を聞く目的で

IC-R6(受信機)で利用する安イヤホンとして買いました。

(受信機はモノラルジャックのため、AP-112Aを併用して利用しています)

 

●音質について

安イヤホンということで買ったのですが(4980円でアキヨドで購入)、

5000円前後のイヤホンとは思えない高音のヌケの良さです。

よくある低価格イヤホンにありがちな

 

「低音に潰されて明らかに高音の解像度が足りない」

 

といったことがありません。

かと言って低音が出ていない訳ではなく、必要十分な量が出ています。

これもデュアル・シンフォニックドライバーのおかげでしょうか。

流石、モニターイヤホンに属する製品だけはあります。

 

個人的な印象では、他社の1万前後のイヤホンとでも十分張り合える、

非常にコスパの高いイヤホンであると感じました。

「純正のイヤホンには不満だけども、高いイヤホンは買えない」

って方には個人的に非常におすすめだと思います。

 

イヤホン自体のサイズが若干大きいため、

人によっては合わない場合もあるかと思いますので、

購入前に一度装着をオススメします。

 

まだエージングしていないので、100時間のエージング後に

 どれくらい変わってくれるかが今から楽しみですね。

 

●ケーブルについて

装着についてはよくあるShure掛けです。最近多いですねこのタイプ。

ケーブルについて特筆すべき点としては、

低価格帯にもかかわらずリケーブル(ケーブル交換)に対応しています。

ケーブルが断線した場合、ケーブル交換のみで使い続けることが出来ます。

また標準では3極のケーブルが付属していますが、スマートフォンで通話も考えた場合

AT-HDC1iS/1.2にケーブルを交換すれば、マイクも利用できるように鳴ります。

このあたりはリケーブルできることの強みですね。

(なお、R側端子が赤になっています)

f:id:makoro2_0:20141111124939j:plain

 

  

Victor AP-112A ステレオミニジャック-ミニプラグ

Victor AP-112A ステレオミニジャック-ミニプラグ

 

 

アイコム 広帯域ハンディレシーバー IC-R6

アイコム 広帯域ハンディレシーバー IC-R6

 

 

 

気になる人は一度試聴をしてみてくださいね。

 

株式会社オーディオテクニカ|一般製品|ATH-CK100

【国内正規品】SHURE カナル型 高遮音性ハイエンドイヤホン SE535 Special Edition レッド SE535LTD-J

【国内正規品】SHURE カナル型 高遮音性ハイエンドイヤホン SE535 Special Edition レッド SE535LTD-J