Think threshold

中の人のIYHにいたる顛末と購入レビュー。ときどき自宅システム構築備忘録。

オカムラのオフィスチェア修理を依頼。

10万のオフィスチェアなんて実質タダみたいなもんだよ(オカムラスキー並の感想


いきなりの煽り文句ですが、実際こう思ってます。
ちゃんとメンテしてやれば業務用のオフィスチェア(オカムラではオフィスシーティング、という名称ですね)は
10年15年は平気で使えるので、10万のオフィスチェアはメンテ費用込みでも1日あたり数十円レベル。
これで腰痛がなくなるなら安いものです。

上京して就職時に買ったオカムラのヴィスコンテが10年の歳月を経て

ガス抜けしてきたので、メンテナンスを頼んだのでその記録です。

 

 

 

●愛用のオフィスチェア

オカムラのヴィスコンテというシリーズを利用しています。
確か6万くらいで買った記憶。
アーロンチェア派の人が多いですが私はオカムラ派です。
※座面の端が上がった構造になっていないのでデブにありがちな幅広体型でも長時間座れる

 

メッシュバック、ロッキング有り、座面スライドなし、肘置き有りモデル。
実家時代にはPC利用時に激安(確か1万とかそれくらいだった気がする)のPCチェアを利用していましたが
いい加減腰痛がひどかったので、その改善を兼ねて清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入しました。
結果的には大正解で、自宅での作業時でも腰痛の発生はほぼゼロに。
シンクロロッキングという、背もたれの角度に応じて座面の角度が連動して変化するのが良いのかもです。
フローリングへの攻撃性を減らすためにウレタンキャスターに換装して利用してます。


●計算してみると本当にタダみたいなものですよ?

この話をすると、「椅子に6万?ソファじゃなくてPC用の椅子に6万?嘘でしょ??」
という反応をよくされるのですが、エンジニアにとって椅子はPCと同じく実質商売道具です。
商売道具をケチるとろくな事にならないのは過去の経験から理解しているので、
ちゃんとした椅子を購入したいところです。テレワークなんかだと8時間座ってる訳ですからね。

業務用のオフィスチェアはメンテナンス前提ですが、平気で10年は持つので、
たとえ6万+10年目のメンテナンスで2万かかるとしても8万。
メンテナンスを行ってさらに5年使うとすると、
1年あたり5300円。1日に直すと14円ちょいです。
10万の椅子の場合だとそれぞれ8000円、21円。
たったこれだけの費用で腰痛とオサラバできる。

またこの程度の金額であれば、年に数回整骨院行けば吹き飛んでしまう金額なので
実はすごくコスパがいいと個人的には思っています。

自宅で座り仕事する人は本当にオススメです。仕事道具をケチるな(戒め

 


●ガス抜け、からのメンテナンス依頼

さて、その愛用しているオカムラのヴィスコンテですが、10年もクソデブが座っていると
流石にガスシリンダーがヘタってきます。
8-9年目あたりから座面が着座中に徐々に下がっていく事象や
立ち上がるときなど荷重移動時にシリンダから「バキッ」という大きな音がするようになってきたため
メンテナンス(ガスシリンダ交換)を行うことを決意。

osas.okamura.co.jp

メンテナンスはオカムラサポートアンドサービスに依頼します。
専用ページからダウンロードできるPDFに必要事項を記入しFAX。
対企業向けのメンテナンスサービスなので仕方ないとは思いますが、
個人的にはWebフォームから直接依頼できると嬉しいですね。。。すでにWebフォームはあるので、ここで修理依頼を受けてほしいです。

FAXなんて数年ぶりに使いました(笑)
ちなみに持ち込み修理はなく、すべて訪問修理となるそうです。

FAX後は数日で電話がくる・・・と思いきや、自分の場合はなかなか電話がなかったため
こちらから電話をして確認しました(笑)
その後、電話で訪問日程を詰めます。日曜でもOKだったため日曜で依頼しました。

 


●作業

f:id:makoro2_0:20181104142249j:plain

サービスマンの方が訪問後、椅子のガスシリンダーを交換します。
デブが座っていた椅子ということで一筋縄では行かず、座面を取り外して上から叩いて抜くという方式になりました。

f:id:makoro2_0:20181104142703j:plain


なお、オカムラの椅子はシリンダのプッシュピンが特殊な形状のため、

通販サイトで売られている互換品は利用できず専用品になるとのことでした。


作業後は異音がしなくなっていることを確認したのちに支払いとなります。
支払いはクレジットカードも利用できました。
作業員の方いわく、「最近は個人の方からの依頼も増えているため、

クレジットカードを使えるようにした」そうです。
私みたいにオフィスチェアを個人で使う人が増えているってことでしょうね。
費用は出張料、パーツ代込で2万ほどでした。これでまた数年は戦えます。


●メンテナンスを終えて(まとめ)

先述したガスシリンダのヘタり由来の事象がすべて解決して、快適なオカムラシーティングライフが戻ってきました。
これであと5年は最低でも戦えそうです。サポート対応も特に問題なしです。

Webフォーム形式にして欲しいトコではありますが。
ただ、オカムラのバロンやコンテッサセコンダが気になっているので、

上位グレードの椅子が欲しくなる可能性はありますがw